いつも応援いただきありがとうございます。

7月21日からアイホールの存続を望む会は、署名及び勉強会の開催など、存続を望むための活動をしてまいりました。
11月19日には、伊丹市は、アイホールの活用に関する市民説明会を開催し、アイホールの今後の方針を提示いたしました。

これを受け、アイホールの存続を望む会としての活動は、12月20日に記者向けに開催する活動終了報告の会見をもって、終了いたします。
会見の内容につきましては、後日、このサイトにて報告いたします。

存続を望む活動としましては12月20日で終了になりますが、今後、伊丹市民をはじめ多くの方々と芸術文化や劇場の公共性について共に考える機会を持ち続けたいと考えております。
どうか引き続き見守っていただき、ご協力・ご支援いただけますと幸いです。

なお、現在も集めている署名は、12月5日をもって受付終了させていただきます。
これまでたくさんの方にご署名のご協力をいただき、またご寄附をはじめとするご支援をいただきました。本当にありがとうございました。

残り少ない期間になりますが、最後までどうぞよろしくお願いいたします。